椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニア治療法のひとつ「ブロック注射」

椎間板ヘルニア,治療

椎間板ヘルニアの治療法というと、まずは手術、という怖いイメージを持つ方も多いでしょうが、ほとんどの場合は、手術を行わず、保存療法による椎間板ヘルニア治療法を行うことが多いのです。それ程心配しなくても大丈夫でしょう。

 

椎間板ヘルニアの症状が比較的軽い場合は、痛み止めの内服や、シップなどの消炎鎮痛剤を使用します。その他、低周波治療や温熱治療などの治療法が用いられることもあります。

 

また、痛みが辛い場合には、注射を使う場合もあるでしょう。これは、ヘルニアより上の部分に麻酔を打ち、痛みの信号が脳に伝わるのをブロックする注射です。

 

下半身全体をカバーする硬膜外ブロック注射や、特定の神経根だけを狙い打つ神経根ブロック注射があり、医師が必要と認めた場合、健康保険が適用されます。ただ、ブロック注射自体がかなり痛いことと、効果が切れて痛みが戻るまでの期間や、痛みがぶり返した時の痛みの程度が個人によって差があるというデメリットがあります。

 

意外なことですが、椎間板ヘルニアの治療法に、生活習慣の改善、というものがあります。これは、腰に無理のかからない姿勢、生活を身につけるとともに、偏った生活習慣を見直し、ヘルニアの改善を目指すというものです。

 

いずれにしろ、症状や体質による差がありますので、医師と良く相談したうえで、積極的に痛みを軽減する方法を考えていくことです。